1,672 views

editor-main

「看護」と「看護師」の質向上は、私たちの問題として、社会で育むもの。

LINKEDは取材を通して、地域医療の中核として努力を続ける基幹病院の姿を追った。また一方、自らの進む領域を明確にし、専門病院や回復期病院、介護施設への転換を図ることで、地域の医療ニーズに応えようとする病院の姿も垣間見た。LINKEDは 多くの病院が苦悩のなかで取り組む、病院完結型から地域完結型への転換を支持する。 今回の特集で、私たちは地域医療に欠けたピース=機能があることを指摘した。実は特集で取り上げていないもう一つの病院群が存在する。一般的な疾患に対応できる急性期医療機能を担保した病院だ。ただこの病院群は、厳しい経営環境のなかで、地域に欠けたピースを埋めるべく限られた医療資源をフル活用し、基幹病院との連携や、継続ケア、在宅支援機能の強化に非常に積極的に活動している病院と、さまざまな制約のなかで、稼働率の上がらない病床を抱え、慢性的な赤字のなかで逼塞している病院に二分化してきているように思う。今後の地域医療を考えるとき、これらの病院の動向が、私たちの生活に大きな影響を与える可能性があり、注視する必要があると考える。

IMG_4371104419 IMG_4631

 


1,672 views